So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

91%が「新聞読む」=朝刊24分、ネットと併用も―新聞協会調査(時事通信)

 新聞を読んでいる人は91.3%、平日に朝刊を読む時間は平均24.8分―。日本新聞協会は7日、「全国メディア接触・評価調査」結果を発表した。新聞読者の割合は2年前の前回調査より1ポイント減ったが、9割台を維持しており、同協会は「新聞が日常生活に欠かせない基幹メディアであることが改めて確認された」としている。
 調査は5回目で、2009年10〜11月に全国の15〜69歳の男女6000人を対象に実施。3683人から回答を得た。
 1週間に朝刊を読むのは平均5.2日。「地域や地元の事がよく分かる」「情報源として欠かせない」などの項目で、テレビ、ラジオ、雑誌、インターネットの他メディアを抑えてトップとなった。約9割が自宅で新聞を読み、約7割が10年以上同じ新聞を購読。91.9%が戸別配達制度を支持すると答えた。
 「社会にとって不可欠と考えているメディア」として、新聞を挙げた人は社会や環境に関心が高い傾向が見られ、50代以上と若年層ではインターネットと併用する読者が多い。「テレビ」と回答した人は30〜40代と女性、「インターネット」と答えた人は40代以下で目立った。 

【関連ニュース】
関係団体からヒアリングへ=著作物利用の新規定導入で
大賞は「ヒッチハイクで春つかむ」=ハッピーニュース2009-新聞協会
全国78紙が同一広告掲載=新聞の媒体力をアピール
日本版フェアユースに反対=文化審小委に意見書

<民主党>小林千代美議員が辞職表明 北教組事件で引責(毎日新聞)
容疑の運転手を立ち会わせ実況見分 大阪の引きずり死(産経新聞)
<労災申請>精神疾患、初の1000件超 認定は減少傾向−−09年度厚労省まとめ(毎日新聞)
男性が刺され重傷 スーパーで買い物中トラブル? 大阪・西成(産経新聞)
石原知事「亀井はニヤニヤ笑っていると思う」(産経新聞)

H2A「ほぼパーフェクト」…打ち上げ成功で安堵の種子島センター(産経新聞)

 数キロ先まで届く轟音(ごうおん)を響かせ、日本初の金星探査機「あかつき」などを載せた国産大型ロケット「H2A」17号機が21日早朝、鹿児島県の種子島宇宙センターから宇宙へ飛び立った。

 全長約53メートルの機体は白煙を噴き上げ、一直線に大空を急上昇。見守った多くの関係者や市民らは大歓声で打ち上げの成功を祝い、打ち上げを担当した三菱重工業の幹部は「ほぼパーフェクトだった」と満足げな表情を見せた。

 あかつき計画をまとめる中村正人・JAXA教授は「あかつきは既に金星をとらえている。12月7日ごろには到着するだろう」と安堵の笑み。今後2、3日かけて探査機が正常であることを確認するという。

 あかつきとの相乗りで17号機に搭載された小型衛星は計5基。いずれも地球周回軌道や金星へ向かう軌道に投入されたとみられる。

 世界初の宇宙ヨット「イカロス」の森治・JAXAチームリーダーは「これからが本番。何としても成功させ、次の木星探査へつなげたい」と気を引き締めた。

 このほか、公募で搭載された小型衛星の関係者らも打ち上げを見届けた。同センター内の記者室で飛行経過を伝えるモニター画面を見つめ、自分たちの衛星の分離が確認されると互いに握手をするなどして祝った。

 大気水蒸気観測衛星「ハヤト」を開発した鹿児島大学大学院修士2年の手嶋伸一さんは「自分たちが作った衛星が宇宙にあるなんて信じられない」と話した。

【関連記事】
あかつきの分離画像を公開
あかつき相乗り衛星「ハヤト」分離に歓声 鹿児島大
金星探査機「あかつき」を打ち上げ
「あかつき」打ち上げ最終準備 H2A、発射台へ再び移動
金星探査機「あかつき」打ち上げ延期
中国が優等生路線に?

<警察庁>日証協DBに暴力団情報提供 証券取引から排除(毎日新聞)
公然わいせつ・礼拝所不敬罪、篠山さん略式起訴(読売新聞)
レクサスのリコール届け出へ=最上位モデルの4509台―トヨタ(時事通信)
針生一郎氏死去 前衛美術評論の草分け(産経新聞)
普天間移設「辺野古」を日米首脳間で確認へ(読売新聞)

通販窃盗容疑6人逮捕 中国サイトでカード情報1800件入手か(産経新聞)

 他人のクレジットカード情報を悪用し、通信販売サイトで購入した商品を盗んだとして、警視庁組織犯罪対策1課などは、私電磁的記録不正作出・同供用と窃盗の疑いで東京都豊島区長崎、無職、孫涛(スン・タオ)容疑者(23)ら中国籍の男女6人を逮捕した。

 同課によると、孫容疑者宅から押収されたパソコンには、他人名義のカード情報1800件が保存されていたという。同課は孫容疑者らが中国のインターネットサイト上で他人のカード情報を手に入れた可能性があるとみて、詳しい入手先を調べている。

 同課の調べでは、孫容疑者らは1月、ドラッグストアの通販サイトで2回にわたって2人分のカード情報を入力。粉ミルクや紙おむつなど計104点(計約15万円相当)を購入、メンバーの自宅に配送させて盗んだ疑いが持たれている。

 同課などによると、中国では品質面で信頼の高い日本製品が人気で、同課は中国に転売する目的で大量の商品を不正に仕入れ、中国に送っていたとみている。

「天然塩」「ミネラル豊富」はダメ 表示ルール化「誇大表示になりがち」改善(産経新聞)
ユズやスダチを試験栽培=気候変動、温暖化に対抗−「生産作物広げる狙い」・山形(時事通信)
ワタミ、介護事業19%増収―施設の積極開設が寄与(医療介護CBニュース)
<著作権法違反容疑>仮面ライダーに似たマスク販売 男逮捕(毎日新聞)
<夕張メロン>初競り 夏の味覚に2玉150万円 (毎日新聞)

天皇、皇后両陛下 冬季五輪入賞者招き茶会(毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は10日、皇居・宮殿にバンクーバー冬季五輪の入賞者や大会役員らを招き茶会を開いた。フィギュアスケート女子で銀メダルを獲得した浅田真央選手、同男子で銅メダルの高橋大輔選手ら約50人が出席。皇太子さま、秋篠宮ご夫妻、常陸宮ご夫妻、高円宮妃久子さまも姿を見せた。

 日本選手団の橋本聖子団長が成績結果を報告。天皇陛下が「みなさんがそれぞれに大きな成果を収められたことは誠に喜ばしいことです。日々の努力を重ねてこられた姿は多くの人々に深い感動や励ましを与えたことと思います」とあいさつ。両陛下と皇族方は約40分間、選手らと懇談した。

【関連ニュース】
<写真特集>バンクーバ五輪・浅田が銀メダル 金は大差でヨナ
<写真特集>バンクーバ五輪・浅田、高橋ら華麗な演技 エキシビション
<写真特集>バンクーバ五輪・フィギュアスケート女子SP
<写真特集>バンクーバ五輪・フィギュア:浅田、安藤、鈴木がそろって会見
<写真特集>バンクーバ五輪・スピード男子五百:長島が銀、加藤が銅

首相が徳之島3町長と会談「おわびを申し上げたい」(産経新聞)
普天間問題・閣僚から首相にエール 「約束は重いが実現は別問題」(産経新聞)
患者のカードで空気清浄機=詐欺容疑、看護師逮捕−三重県警(時事通信)
横須賀の男性遺体、殺人と断定 捜査本部設置(産経新聞)
<事故>「花見せたい」…61歳娘の車転落 95歳母も死亡(毎日新聞)

<被爆マリア像>欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)

 長崎原爆で壊滅した旧浦上天主堂(長崎市)で見つかった「被爆マリア像」が19日、欧米各国を巡回展示するため長崎市を出発した。26日に人類史上初の無差別爆撃を受けたスペインのゲルニカで、5月2日には核拡散防止条約(NPT)再検討会議が開かれる米ニューヨークでそれぞれ展示される。

 マリア像は、浦上天主堂の小島栄主任司祭(72)らがジュラルミンケースに厳重に梱包(こんぽう)。欧州巡礼団長の高見三明・カトリック長崎大司教(64)が19日に首相官邸で出発を報告し、20日に成田空港からローマに向かう予定だ。

 一緒に訪欧する信徒で被爆者の深堀繁美さん(79)は「被爆前の像は本当に美しかった。戦争の愚かさをまさに示している」と語った。【錦織祐一】

【関連ニュース】
ひと:西岡由香さん 長崎原爆を描く漫画家
訃報:吉田勝二さん78歳=長崎原爆の語り部
山口彊さん偲ぶ会:長崎で非核平和の誓い新たに
葬儀:吉田勝二さん=長崎原爆の語り部・1日死去
長崎原爆投下:カラー映像を発見 米軍が直後の市街地撮影

倉庫から米3660キロ盗む=容疑の無職男を逮捕−岡山県警(時事通信)
小中学校 市町村に教員人事権 文科省、移譲認める(産経新聞)
関大 「堺キャンパス」開校(産経新聞)
【注目ワードコラム】千原ジュニアが伝授する、渋滞回避の方法とは
<将棋>羽生リード広げるか、三浦反撃なるか…名人戦第2局(毎日新聞)

<民主党>参院幹事長「暫定税率を維持」…環境と整合性なく(毎日新聞)

 民主党が昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)に盛り込んだ暫定税率の撤廃について高嶋良充参院幹事長が参院選マニフェストに関する毎日新聞のインタビューに応じ、「野党時代に作った公約は、基本的に環境の観点から言えば整合性が取れていなかった」と述べ、11年度以降も税率を維持する考えを示した。

 高嶋氏は、鳩山政権が温室効果ガスの「90年比25%削減」目標を重視していることを踏まえ「今年見送った暫定税率(撤廃)を来年復活させることにはならない」と指摘。ガソリン消費を抑えるためにも、税率維持が必要との考えを示した。

 政府は10年度税制改正で、小沢一郎幹事長ら党側の「重点要望」を受け、暫定税率を形式的に廃止した上で新たな税制措置を講じて課税水準を維持した。11年度税制改正で「環境税」導入を検討するが、高嶋氏の発言は税率の据え置きが望ましいとの考えを示したもので、財源確保の狙いもあるとみられる。

 高嶋氏は、政府・民主党による公約見直し作業の党側責任者。生活支援から環境対策に論点を移し、税率維持に理解を求める考えとみられる。だが、鳩山由紀夫首相は昨年12月、税率の実質維持について「履行されないことは申し訳ない」と謝罪した経緯があり、野党などから批判が強まりそうだ。また、高嶋氏は13日の記者会見で子ども手当について「最高の優先順位だ」と発言。11年度からの満額支給(月2万6000円)を堅持すべきだとの考えを強調した。【竹島一登、高山祐】

【関連ニュース】
10年度予算:成立…過去最大92兆円 5番目の早さ
10年度予算:今夕に成立…参院委可決
10年度予算:24日に成立へ 参院本会議
10年度予算案:衆院本会議で可決 年度内成立が確定
10年度予算案:衆院予算委で可決 年度内成立へ

薄毛治療に初のガイドライン=推奨度5段階で評価−皮膚科学会(時事通信)
GH入居率向上で営業利益3.6倍―メディカル・ケア・サービス(医療介護CBニュース)
<NASA>「アルマゲドン」風 山崎さん、ポスターに(毎日新聞)
入省したての農水省職員逮捕=電車内で女子大生触った疑い−警視庁(時事通信)
協会けんぽ「早期成立を」、健保連「負担増耐えられぬ」−衆院厚労委(医療介護CBニュース)

<今どきの更年期>男性にも、めまい・うつ(毎日新聞)

 ◇ストレスで症状悪化 「人生、減速の時」意識を

 4年前の秋、長野県で自営業を営む男性(52)はイスから立ち上がろうとした時、今まで経験したことがないめまいを感じた。「遊園地の回転イスに振り回されているようで、吐き気もひどかった」

 突然のことに驚き、脳外科に駆け込んだ。CTスキャンで検査しても異常は見つからず、その後も症状は続いた。横向きに寝てじっとしていると少しは治まるが、動くとすぐに気持ちが悪くなるという繰り返し。そんな時、受診先で50代の女性看護師が「もしかしたら更年期じゃない? 私もひどい時は同じようになるわよ」とアドバイスしてくれた。

 わらにもすがる思いで泌尿器科を受診。血中の男性ホルモン量が一般男性の基準値よりかなり低かった。男性ホルモンを投与してもらったところ2カ月後には症状が緩和した。現在も月1回、定期的に治療を続けている。

 思い返せば、40代半ばから腹筋や首の筋肉の衰えを感じ始めていたという。大勢の人の前で話す時、滑舌が悪くなり、口が重くなってきたと感じていた。こうした症状も、現在は改善されている。

 「まさか更年期とは。40代から始まっていたのかもしれませんね」

 同年代の妻も2年前からめまいに悩まされ始めた。「お互い理解し合いながら更年期を乗り越えていこう」と夫婦で話し合っている。

    *

 男性にも更年期症状が表れることが近年、注目されている。女性は閉経前後に女性ホルモンが激減するのに対し、男性ホルモンは20代から徐々に減るため分かりにくい。専門医も少ないのが現状で、内科、脳外科、耳鼻科などを転々と受診する「ドクターショッピング」になりがちだ。

 長野赤十字病院(長野市)の第2泌尿器科部長、天野俊康さんは「中年期以降の男性で、原因が分からない心身の不調に悩まされたら、更年期障害を疑ってみてほしい。総合病院などの泌尿器科に相談を」と話す。

 メンズヘルス医学会と泌尿器科学会は、「加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群」と名付け、血液中の男性ホルモン(フリーテストステロン)量による診断基準を示している。

 症状としては、(1)身体面(筋肉・体力の低下、ほてり、めまい、耳鳴りなど)(2)メンタル面(不眠、いらいら、うつ傾向など)(3)セクシュアル面(性欲減退、勃起(ぼっき)不全)−−に大別される。「体に力が入らない」と訴える患者が多いが、症状には個人差が大きい。精神科を受診し、抗うつ薬を服用している患者もいる。

 「性格や環境も影響する」と天野さんは指摘する。きちょうめんで、若いころからバリバリ仕事をこなしてきた人に多いという。40〜50代は中間管理職を務めたり、不況やリストラへの不安などストレスが大きい。親の介護や死別、子供の自立、妻との2人っきりの生活など家庭環境の変化も重なり、症状が重くなりがちという。

 治療法としては、男性ホルモンが低下している人は原則的に、ホルモン補充療法が有効とされる。うつ症状の強い人には抗うつ剤の併用、勃起障害には「バイアグラ」などの治療薬が使われ、全体的な症状をみながら漢方薬も活用できる。

 「夫婦一緒に更年期を乗り越えることで、今までと違う関係を築くことができる。がむしゃらに走ってきた人生をギアチェンジし、減速する時だという認識が男性にこそ必要」と天野さんは話す。【小川節子、写真も】=おわり

………………………………………………………………………………………………………

 ■男性の更年期のチェック表

 ◇採点法

 なし(1点)、軽い(2点)、中くらい(3点)、重い(4点)、非常に重い(5点)

 ◇チェック項目

 (1)全体として不調

 (2)関節、筋肉の痛み

 (3)発汗

 (4)不眠

 (5)よく眠くなる、しばしば疲れを感じる

 (6)いらいらする

 (7)神経質になった

 (8)不安感

 (9)身体の疲労や行動力の減退

(10)筋力の低下

(11)憂うつな気分

(12)「人生の山は越えた」と感じる

(13)力尽きた、どん底にいると感じる

(14)ひげの伸びが遅くなった

(15)性的能力の衰え

(16)朝立ちの回数の減少

(17)性欲の低下

 ◇合計点の判定

男性更年期障害の程度

17〜26点 なし

27〜36点 軽度

37〜49点 中度

50点以上  重度

【関連ニュース】
今どきの更年期:/4止 男性にも、めまい・うつ
今どきの更年期:/3 高齢出産、育児と重なり
今どきの更年期:/2 閉経前、増えるうつ症状
今どきの更年期:/1 原因分からず、病院はしご
福岡教育大:教員の心の病を支援、ハンドブック第2弾 /福岡

<住宅全焼>焼け跡から3遺体…岩手(毎日新聞)
G8外相会合「核なき世界」声明へ 平和利用呼びかけ(産経新聞)
鳩山首相、郵政改革案は「唯一のやり方だ」(産経新聞)
鳩山邦夫氏の新党参加で与謝野、平沼両氏の間に温度差(スポーツ報知)
男6人を殺人容疑で再逮捕=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)

高速道に上限料金=車種別、6月から−普通車2千円、軽千円・国交省(時事通信)

 国土交通省は1日、6月からの導入を目指す高速道路の上限料金制度の骨格を固めた。首都高速と阪神高速を除く高速道路について軽自動車1000円、普通車2000円、トラックなど大型車5000円といった車種別で上限料金を設定。これに伴い、「休日上限1000円」や深夜時間帯割引など従来の割引制度は全廃し、その財源の一部は高速道路整備に充当する方針。近距離を利用するドライバーには実質値上げになる。
 上限料金制度は一定距離以上を走ったら料金が上がらない仕組み。民主党が昨年12月に政府に全国統一料金を要望しており、同省は6月に始まる高速道路の一部無料化の社会実験と合わせて実施するよう検討を進めていた。
 上限料金は軽、普通車、大型車、大型バスなど特大車の4車種で設定し、特大車については1万円程度とする方向。ハイブリッド車や電気自動車などエコカーについては軽と同じ料金とする。新たな料金体系は自動料金収受システム(ETC)搭載車に限らずすべての車に適用する。
 一部無料化と同様に社会実験としてスタートさせるため、実施後に制度の内容が見直される可能性がある。深夜時間帯や大口利用者向けなど従来の割引はすべて廃止する方向で、トラック業界などは反発しそうだ。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【特集】トヨタ リコール問題
【Off Time】街ある記-富山県魚津
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証

首相動静(4月2日)(時事通信)
尼崎で火事 5人搬送(産経新聞)
「使い捨て社会」ようやく脱出?露リサイクル機運(読売新聞)
住宅火災、焼け跡に2遺体=80代夫婦か−長野(時事通信)
宅八郎氏を起訴猶予 脅迫容疑で書類送検(産経新聞)

「半キャップ」なら襲撃 通行人暴行の暴走族OB逮捕(産経新聞)

 通行人にいいがかりをつけて暴行し、けがをさせたとして、警視庁少年事件課などは、傷害の疑いでアルバイト、波照間(はてるま)永嗣(えいし)(21)=東京都大田区南六郷=と韓国籍の会社員、金賢成(21)=同区東矢口=の両容疑者を逮捕した。同課によると、2人は都内最大級の暴走族連合体「大田連合」のOBで、容疑を認めている。

 逮捕容疑は、昨年12月29日午後10時50分ごろ、同区平和島の路上で、原付きバイクにまたがっていた世田谷区在住の私立高校2年の男子生徒(17)に「ひかれそうになった」などといいがかりをつけ、奪ったヘルメットで顔面を殴り、鼻の骨を折るなどしたとしている。

 同課によると、男子生徒は「半キャップ」と呼ばれる形のヘルメットを、バックミラーにかけていた。大田連合には「大田区内で自分たち以外に半キャップをかぶっている奴がいたら襲撃する」というルールがあり、別のOBの男(22)が男子生徒にいいがかりをつけ、波照間容疑者ら2人が加勢。近くには、大田連合の現役メンバーら十数人がいた。

 男子生徒は身長約180センチで、波照間容疑者は「体格がよくてやられるかもしれないと思ったので、ヘルメットを奪って先制攻撃した」と話しているという。

 都内では昨年末から1月にかけて、傷害など大田連合の関与が疑われる事件が十数件発生している。

【関連記事】
「チャリンコ族」に立腹、少年が集団リンチ
暴走族、もはや絶滅危惧種? 血が騒ぐのは中高年OBだけ
レディース立ち上げは「地元ルール違反」 双子少女に暴行で10人逮捕
「まずは都会を走ってみよう」町田で暴走の少年ら16人を摘発
少年時代、忘れられず集団暴走…40歳リーダー逮捕
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<高校無償化>朝鮮学校排除に反対 市民ら集会 東京(毎日新聞)
<痴漢容疑>電車内で 警視庁警部補を逮捕 千葉・容疑否認(毎日新聞)
暴行事件、時効直前にDNA一致=解体業の男起訴へ−水戸地検(時事通信)
首相元秘書の初公判=偽装献金認め、即日結審へ−規正法違反事件・東京地裁(時事通信)
<鳩山首相>「亀井案、基本に調整」郵政改革で意向(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。