So-net無料ブログ作成

事後納付を10年に延長=国民年金法改正案を閣議決定(時事通信)

 政府は5日、国民年金の未納保険料をさかのぼって払うことができる事後納付の期間を、現行の過去2年から10年に延長する国民年金法改正案を閣議決定した。
 国民年金の受給資格を得るには25年以上の加入期間が必要。しかし、不況や年金不信などの影響で保険料未納が増えており、将来、無年金・低年金者の増加も見込まれる。一方で、年数を経てから未納に気付くなどして、事後納付を希望する人も少なくない。
 厚生労働省は、改正案が成立すれば、65歳未満の無年金見込み者のうち最大40万人が救済され、年金額が増える人は1600万人に達すると推計している。 

【関連ニュース】
最大40万人の無年金救済も=後納期間延長で
「カラ期間」、広報さらに徹底=年金回復者と面会
個人型401k、増額の動き=税優遇による上限額引き上げで
年金納付率80%目標を下方修正=「09年度比上昇を」
10年度の年金額は据え置き=厚労省

福井・もんじゅ企業、敦賀市長のパーティー券計222万円購入(産経新聞)
大阪・付属池田小 安全な教育環境づくり WHO認証取得(毎日新聞)
<虐待>食事与えず5歳長男衰弱死、あざも 父母逮捕 奈良(毎日新聞)
ロバート秋山さんとインパルス堤下さんが玉突き事故(産経新聞)
インフル患者、減少続く=週推計7万人−感染研(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。